HOME > 趣味・生活実用 > 健康法 > ずぼら健康法

趣味・生活実用

健康法

ずぼら健康法

ずぼら健康法
  • 通常販売
  • 漢方薬・生薬認定薬剤師  村上 百代
  • 年をとるほど健康になる人と
    なれない人の違いとは?

  • 定価 1,188 円(本体 1,100 円 + 税)
    新書 判/ 176ページ
    2017年06月09日 発行
    ISBN 978-4-426-12150-1
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
健康になりたければ薬はやめなさい!
薬剤師が教える努力しなくても元気になる33のコツ。
 

著者紹介

漢方薬・生薬認定薬剤師  村上 百代

1958年長野県松本生まれ。1981年、北里大学薬学部薬学科を卒業。製薬会社で薬の試験研究に関わるが新薬の限界を感じ2年後に退職。「女性と漢方・髪と肌の健康美容」をテーマにしている株式会社自然美に入社。途中、調剤薬局勤務を経て、32年間、漢方の専門家として活躍

 

目次

第1章 昔、薬がない時代にみんながやっていた健康法(なぜ年をとると、病気自慢する人とそうでない人がいるのか?
「ずくなし」健康法とは、なまけものでもできる健康法のこと ほか)
第2章 日本の24の節気にあわせて生活する(朝太陽とともに起き、夜月とともに寝る
早起きするためには朝が大切 ほか)
第3章 「陰陽五行」を実践して、どんどん若返る(昼と夜、男と女、光と闇、この世はすべて陰陽からできている
「陰陽五行思想」を毎日の生活に取り入れると、誰でも健康になる ほか)
第4章 「あるがまま」で健康な人、不健康な人(タイプ別体質改善のための生活習慣
実践方法は「ずくなし」で ほか)
第5章 なぜ墓参りをすると健康になれるのか?(お屠蘇は漢方処方だった
七草がゆを食べる理由 ほか)
ページの先頭へ