HOME > 趣味・生活実用 > 占い・スピリチュアル > 「お清め」ですごい神様とつながる本

趣味・生活実用

占い・スピリチュアル

「お清め」ですごい神様とつながる本

「お清め」ですごい神様とつながる本
  • 通常販売
  • 中井 耀香
  • 「3つの神様」の力でどんどん幸せになる!

  • 定価 1,296 円(本体 1,200 円 + 税)
    四六 判/ 192ページ
    2016年09月14日 発行
    ISBN 978-4-426-12065-8
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
あなたの過去が清まれば、あなたの人生は根底から変わる。
「3つの神様」の力で、どんどん幸せになる! 
 
内観で人間関係を「お清め」すると
あなたの中の「人神」=内在神がめざめ、
「天神」「地神」とつながる扉が開きます。
これが、幸せな人生への唯一の入り口です。
 
[本書「はじめに」より抜粋]
今世で、すごいミラクルを起こす力があったり、強運が味方しているのに、
全然変わり映えしない人生に甘んじているのは、
なぜか行動することができない、または人に求められたことを優先してしまい、
自分の心に従って、自分を優先する行動がとれないせいです。
誰かが自分を幸せにしてくれるのではありません。
自分で、自分の責任で「わたし」を幸せにすることが、
今世に生まれた人の共通した使命です。
 
それなのに「待っている」人、
いつか自分の人生が、誰かの手によって変わるのだろうと
受動的に生きている人の多くは、
過去の人間関係へのとらわれが、その原因となっています。
 
もしあなたが、今の人生に満足できておらず、
何かしら人間関係の悩みや、親子の悩み、恋愛関係の悩み、
伴侶を含む家族の悩みなどを繰り返してしまう悪いくせ、
依存症などを抱えているとしたら、
 
それは確実に、自分の中の過去の人間関係で傷ついた部分が原因であり、
それを「お清め」する必要があります。
 
 
日々の雑音を一度遮断して、
ゆったりとした空間と時間を作って
これまでの「人間関係」を振り返り
「お清め」をする時間を作ってみてください。
 
あなたの人の神様が清められれば清まるほど
あなたの人生はキラキラと輝きます。
 

著者紹介

中井 耀香 (なかい ようか)
古神道数秘術研究家。和暦を使った日本人に合った開運方法を伝える。
昭和39年高知県中村市(現四万十市)の一條神社の大祭の日に生まれる。その後父親の転勤で埼玉県越谷市で暮らし、その後転勤で石川県小松市に引っ越し、多感な時期を過す。
閉鎖的田舎のコミュニティで「よそ者扱い」をされたことから、他者との関わりに悩む。心理学や宗教書、哲学書を読みあさり、人の感情の出所とその背景を分析し、人の怖れや不安の元になっているものを探り出そうとする青春時代を送る。
20代の頃よりやたらと新興宗教に誘われ、様々な宗教遍歴をする。「教祖」を妄信的に信奉する人々を目の当たりにし、選民意識や、恐怖を植えつける独自の洗脳手法に違和感を感じる。その時の経験が「魔にやられた人」のベースになる。
28歳の時に父親が他界、後ろ盾を失う。29歳の時に結婚。31歳で母親になる。夫の精神的な病から占い師への相談が始まる。その後離婚。 
占い師に相談する中、占い師に頼る人生から、自分自身が占いを学び、自分の人生の指針を自分で導くことができるようになりたいと思い、四柱推命の師を求める。
最初の師は浅学のため1年で卒業。次に奈良の老師に学ぶも、次第に同じ生年月日でも違う人生の人との整合性に疑問を持ち、過去世のカルマの存在と、その現世への影響を知り、それを消すための「陰徳」が「命」を越えることを学ぶ。
その後、台湾と香港の華僑のマスターより子平理論と奇門遁甲などを学び、生年月日統計理論を深め、同時に方位術と家の風水にる人生の開運法を学ぶ。それを元に、日本人と日本の家屋に合った風水術を作り、家そのものを神様がくる場所「パワースポット」にする方法を生み出す。
占術の勉強をしながら、生年月日から導き出す人の「特質」を知り、相手の個性に合った営業方法を確立し、フルコミッションの営業で年商3億円を達成する。
43歳の時にうつ病を併発、2年間世俗と隔離され禊ぎの時となる。その後神縁に導かれて復活。数々のご縁が繋がり、古神道の数秘術と出会い、自身の運命を劇的に変えていく。
その後不思議な縁で古神道の伝承者に師事し、独自の研鑽を深め、和暦による数の配列により、その人の天命や運の流れ、破壊の数の霊からくるカルマの種類やその解消法を知る。
個々の魂のナンバーの存在を発見し、その魂の経験からくる「魂数」が評判を呼び、1万5千人の人生を好転させてきた。
 
ページの先頭へ