HOME > 趣味・生活実用 > ダイエット・フィットネス・美容 > ヤセ菌が増えて太らない食べ方

趣味・生活実用

ダイエット・フィットネス・美容

ヤセ菌が増えて太らない食べ方

ヤセ菌が増えて太らない食べ方
デブ菌を抑え痩せ体質をつくる食生活&レシピ
  • 通常販売
  • 岩田 麻奈未
  • 腸内フローラの健康を改善して、ヤセ菌優勢のバランスを保ち、
    食べても太りにくい痩せ体質に!

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    四六 判/ 208ページ
    2016年04月04日 発行
    ISBN 978-4-426-12073-3
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

☆太っているのは、腸内細菌のせいだった!?
いま、腸内フローラが注目されています。人間の腸内には、大きく分けると善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種が棲みついています。これら腸内フローラのバランスが肥満、美肌、老化、免疫力のほか、生活習慣病その他さまざまな病気にも関係があることがわかってきました。
また、最近は腸内細菌の研究がさらに進み、ヤセ菌・デブ菌なるものの存在が明らかになりつつあります。
日和見菌の中で、善玉菌に加勢しやすく、食べものから必要以上にエネルギーを取り込まないのが「ヤセ菌」、余分な老廃物まで溜め込んでしまうのが「デブ菌」と言われています。このヤセ菌を増やしてデブ菌を減らすことで、自然と痩せ体質になっていけるのです。
・腸内フローラって何?
・腸内環境のエース「善玉菌」
・ヤセ菌・デブ菌がいるってホント! ?


☆ヤセ菌を増やす食べものとデブ菌を減らす食習慣
ヤセ菌が増えるポイント食材は、食物繊維、オリゴ糖、有用菌、油、ミネラル、水分です。これらの効用と上手な摂りかた、最近注目の便利な食材のほか、気を付けたいデブ菌を減らす食習慣についても紹介します。
・お菓子だけじゃない! 飲み物やドレッシングにも注意したい糖
・毎日は避けたい肉類
・過度に食事量を減らさない
・腸を刺激する食べもので腸の動きをサポート


☆食習慣とともに生活習慣も改善する
腸内フローラを改善してヤセ菌を増やすには、食べものだけでなく、食べ方と食習慣も大切です。また、体内リズムやお通じ、ストレス、冷え、睡眠といった生活習慣も関係してきます。これらを見直し、改善していくポイントも紹介します。
・ダラダラ食べは卒業しよう
・昼間のストレスを夜まで持ち越さない
・身体を冷やさない
・空腹を感じる前に寝る


☆実践してみよう! 2週間ヤセ菌育成レシピ
ヤセ菌を増やしカラダに良い、大麦、海藻、ニンジン、リンゴ、バナナ、玉ねぎ、納豆、ヨーグルトなどのマスト食材を十分に摂れる、簡単でおいしいレシピを紹介します。
・リンゴのレシピ
・玉ねぎのレシピ
・ニンジンのレシピ
・週末デトックスレシピ


☆おいしく食べて内側から輝く美肌と健康
食べないダイエットは、一時的に体重を減らすことができますが、その後はリバウンドやお肌や髪がボロボロになったなど、よく耳にする話です。しかし腸内フローラを改善すれば、無理に食事量を落とさず必要以上に我慢しなくても、痩せ体質がつくれるのです。
毎食きちんとおいしく食べながら、美肌と健康を増進していきましょう。

著者紹介

岩田 麻奈未 (いわた まなみ)

美養フードクリエイター、中医薬膳師、健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー、日本ポリフェノール学会会員。
パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得後、Manami's Kitchenを始める。その後、食と健康に関心を持ち、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。体内時計や味覚といった、身体の仕組みに そった自然な食生活、美味しく食べて心も身体もキレイになる食スタイルを提案する。
コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績もあり。
プライベートでは、猫14匹、犬1匹と暮らす、自他共にみとめる動物好き。

ページの先頭へ