HOME > 趣味・生活実用 > 痛み・疲れ・めまい・こり・ひえ > 冷えない人はやっている シャワーお灸

趣味・生活実用

痛み・疲れ・めまい・こり・ひえ

冷えない人はやっている シャワーお灸

冷えない人はやっている シャワーお灸
  • 通常販売
  • 鍼灸師  白神 典明
  • 毎日のシャワーで、冷えは手軽に解決できるんです。

  • 定価 1,404 円(本体 1,300 円 + 税)
    四六 判/ 192ページ
    2015年10月16日 発行
    ISBN 978-4-426-12014-6
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
この本は、血流が悪いために冷えて体調を崩したり、血行不良によって体のリズムが乱れ、原因不明の不調や不眠に悩む人に向けて書きました。
体温は、体の中を血液が適切に巡っているかや、代謝機能が正常かを知る目安になります。
 
当たり前ですが、冷え性の人は体温が低いことが多いです。
ただし、自分の冷えを自覚できていない人というのも意外に多く、体調不良の原因に「冷え」が思い当たらず、症状だけを頼りにサプリメントを試したり、病院をいくつも尋ね回ったりする人が実際にいます。
 
シャワーお灸には、
 
1.自宅や出先のホテルなど、どこでもできる。
2.一般化なシャワーを使うので、誰でもできる。
3.シャワーは毎日お風呂で使うため、無理なく続けられる。
 
という手軽なメリットがあり、お湯で温めるだけなので、デメリットがほとんどありません。
ご自分の身体が冷えているかわからない方は、とりあえずお風呂場のシャワーを当ててみればわかります。
お湯がもったいないと思うなら、浴槽の中に立ってやってみるのがよいでしょう。
 
「冷え体質」を改善・解消することができると、自律神経が整い、筋肉のこわばりが消えます。
さらに、朝はさわやかに目覚め、日中のどんよりした気分は消え、代謝が上がるので、ご飯はよりおいしく感じられます。
便通もスムーズになり、夜はストンと眠りについて、肌ツヤが良くなり、若々しく健康的な生活を手に入れることが可能になります。
 
この本を手に取ってくださったあなたと、シャワーお灸とのご縁が、良いものであることを祈っています。
 
(著者「はじめに」より抜粋)
 

著者紹介

鍼灸師  白神 典明
1977年生まれ。鍼灸師およびマッサージ師の国家資格を取得後、2006年に名古屋市内に鍼灸院「ありがとう」を開院。
翌2007年には、逆子治療、女性治療の分院「寿庵」を愛知県みよし市に開院。
同じく鍼灸師である妻と共同で、様々な不定愁訴を抱える来院患者を治療する日々を送る。
流派や師匠は持たず、患者との会話を通じて、本人に「自分の体を理解」することを促し、自分の体と体調を理解した患者本人が考え、自分で体調を改善させる治療を得意とする。
 

目次

第1章 お灸と冷え
お灸ってなに?
冷えと腎
冷えと美容
現代の日本人と冷え
お灸は効果があるのに…
●冷える食べ物と冷える食べ方
 
第2章 シャワーお灸で体が変わる
良質な睡眠が得られる
身体のリズムが整う
腰痛、肩こり…筋肉の張りが穏やかに治る
運動前に行えば、ケガの予防が期待できる
効果はどれくらいで表れる?
シャワーお灸はお金がかかる?
●シャワーお灸で髪や爪が美しくなる
 
第3章 シャワーお灸をやってみよう
シャワーお灸、4つのルール
シャワーお灸はここがポイント
ホッカイロや湯たんぽとどう違うの?
シャワーお灸最重要のツボは仙骨
「少し熱い」が「気持ちいい」に変わるまで
鏡でチェックしてみよう
ツボは自分の感覚に正直に探そう
●シャワーお灸とダイエット
 
第4章 シャワーお灸を部位別にやってみよう
ツボはどこにいくつある?
ツボが集中した場所を温める時は
足の親指
かかと
お尻
おへそ
脇腹
手首
●お灸に興味を持ったら
 
第5章 自分の症状に利くツボを温めよう
冷えが引き起こすさまざまな症状
頭が痛い
顔がこわばる
眼が疲れる
肩がこる
おなかが痛い
生理痛、生理不順、PMS
腰が痛む
足が火照る
夜、ぐっすり眠りたい
朝、眠気を覚ましたい
夜の飲み会に備えたい
落ち込んだ気分を解消したい
●夏の冷えと冬の冷え
ページの先頭へ