HOME > 趣味・生活実用 > たしなみ帖シリーズ > 日本のたしなみ帖 桜

趣味・生活実用

たしなみ帖シリーズ

日本のたしなみ帖 桜

和ごころ、こと始め。
日本のたしなみ帖 桜
春を告げる日本の象徴
  • 通常販売
  • 文 /  小川 和佑
    文 /  勝木 俊雄
    文 /  柳家さん喬
  • つぼみから満開、そして散りゆくまで折々の表情をみせる桜。
    その姿に思いを寄せたり、心の移ろいを綴ったり、あるいは食事を囲んでおしゃべりしたり…、古くから豊かな時間を楽しんできた日本人。

  • 定価 1,404 円(本体 1,300 円 + 税)
    A5変 判/ 128ページ
    2015年02月27日 発行
    ISBN 978-4-426-11908-9
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

つぼみから満開、そして散りゆくまで折々の表情をみせる桜。
その姿に思いを寄せたり、心の移ろいを綴ったり、あるいは食事を囲んでおしゃべりしたり…、古くから豊かな時間を楽しんできた日本人。
そんな遠い昔の記憶を辿りながら、現代へ続く桜の旅を本にしました。
装幀には榛原聚玉文庫所蔵 榛原千代紙「朝桜」を使用。

目次

さくら繚乱(絵・石川美枝子)

第一章/識る 日本人はなぜ桜が大好きなの

桜の歴史は花見とともに
植物としての桜
桜を詠む
桜の名場面
京鹿子娘道成寺・鞘当・籠釣瓶花街酔醒
一谷嫩軍記・義経千本桜・菅原伝授手習鑑・妹背山婦女庭訓
落語に咲く桜

第二章/巡る いつか出かけてみたい桜の名所へ。

古都の桜 奈良・京都
城址の桜 弘前・高遠
一本桜 三春滝桜・山高神代桜・根尾谷淡墨桜・醍醐桜・一心行の大桜

第三章/愛でる さまざまな桜への想いにふれて。

和菓子
桜餅にしひがし物語
樺細工
桜染め
絵付け

ページの先頭へ