HOME > 趣味・生活実用 > 単行本 > 感じる漢字

趣味・生活実用

単行本

感じる漢字

感じる漢字
心が解き放たれる言葉
  • 通常販売
  • 山根 基世
  • インスピレーションを刺激する、映像が頭に浮かぶような漢字を一文字ずつ取り上げてご紹介。ゆったりとした読後感を得られる1冊。

  • 定価 1,620 円(本体 1,500 円 + 税)
    四六 判/ 240ページ
    2014年05月30日 発行
    ISBN 978-4-426-11804-4
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

本書は、漢字を日常生活の“心の動き”や“感受性”などで章分け、
インスピレーションを刺激する、映像が頭に浮かぶような漢字を一文字ずつ取り上げ、ご紹介しています。
また、元NHKアナウンサーでTOKYO FM 「感じて、漢字の世界」でナレーターをつとめている山根基世さんが、
ふだん感じていらっしゃる“暮らしと漢字の結びつき”についても、
エッセイとコメントで書き綴って頂いています。
味わい深いひと言一言には、ヒーリング効果も感じられ、
ゆったりとした読後感を得られる1冊になっています。

著者紹介

山根 基世 (やまね もとよ)

1948年、山口県生まれ。1971年、早稲田大学文学部卒。同年、NHK入局。主婦や働く女性を対象とした番組、美術番組、旅番組、ニュース、「ラジオ深夜便」、NHKスペシャル「人体」「映像の世紀」等、大型シリーズのナレーション多数を担当。2005年、女性として初のアナウンス室長。2007年、NHK退職。現在は子どもの言葉を育てる活動を続けている。2000年・放送文化基金賞、2009年・徳川夢声市民賞受賞。東京大学客員准教授、女子美術大学講師等歴任。「ことばで『私』を育てる」他、著書多数。現在TOKYO FM系JFN全国38局ネットで「感じて、漢字の世界」放送中。

目次

第1章 やさしい気持ちになる

応援したくなる、すぐそばにいる
小さくてか弱いもの









第2章 懐かしさがこみあげる

あの味とつながっている
ふるさとの風景……54









第3章 勇気をくれる

名前に導かれて
自分らしい人生を切り拓く









第4章 涙があふれる

幸せな人生を歩むために
大切にしたいひと言









第5章 あの人に贈りたい

ちゃんと伝えるためには、
「呼吸」「息」がすべて









おわりに
参考文献

ページの先頭へ