趣味・生活実用

写真集・フォトエッセイ

からだ化粧

触発
からだ化粧
  • 通常販売
  • メイクアップアーティスト  小林 照子
    アーティスト  麻子
  • 全身に化粧を施す芸術「からだ化粧」。小林照子により30年以上にわたり制作された膨大な作品群から厳選作品を麻子の詩とともに収録。

  • 定価 2,052 円(本体 1,900 円 + 税)
    A5変型 判/ 112ページ
    2013年12月20日 発行
    ISBN 978-4-426-11752-8
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

メイクアップアーティスト小林照子の描く「からだ化粧」は1981年に生まれた。
30年以上にわたり制作された膨大な作品に、その世界観を伝える詩を添えたものが本書。人間のからだが本来持つ曲線の美しさや、からだから発せられるメッセージを受け取りながら描く。
「私が描いた絵は、もともと肌が持っていた記憶ではないだろうか…」

贈り物にも最適な、ずっと大事に持っていたい宝物のような1冊

著者紹介

メイクアップアーティスト  小林 照子 (こばやし てるこ)

美容研究家 メイクアップアーティスト
株式会社 美・ファイン研究所 所長
[フロムハンド]メイクアップアカデミー 校長
青山ビューティ学院高等部 東京校・京都校 校長  
リバイタライズサロン Sion Kyoto 主宰
JMAN(Japan Make-up Artist Network)理事

 メイクアップアーティストとして、広告・ショー・テレビ・舞台など幅広く活躍。女優から一般の女性、ビジネスやアートの第一線で活躍する男性など、ジャンルを問わず何万人ものイメージづくりを手がける。どんな人でもきれいに明るくすることから「魔法の手」を持つと評される。
 一人のメイクアップアーティストとして積極的にネットワーク組織(JMAN/ Japan Make-up Artist Network)の運営に参加、様々な活動を行っている。その姿勢は多くのメイクアップアーティストや志す若者達の指標となり、信頼と親愛を寄せられている。
 日本のメイクアップアーティストの草分けとして知られるが、現在もトップメイクアップアーティストとして活躍。全身にメイクアップする「からだ化粧」は世界的に高い評価を受けている。

〇著書
「ザ・ベスト・メイキャップ」(講談社)
「『温ケア&冷ケア』で肌は必ずキレイになる」(青春出版社)
「基礎からわかる!メイクアップのすべて」(美・ファイン研究所)
「美容の極意」(扶桑社)
「人を美しくする魔法」(マキノ出版)
「小林照子のメイクの力」(PHP研究所)
「死に逝くひとへの化粧」(太郎次郎社エディタス)
「こんな生き方がしたい メイクアップアーティスト 小林照子」(西妙子著/理論社)
他多数

アーティスト  麻子 (あさこ)

詩、歌詞、歌、絵画、彫刻、衣装デザイン、教育など、多彩なアプローチで「勇気とユーモア」を発信する。
 東京生まれ。明治大学文学部卒業後、編集者、ライターとして仕事を始める。
 2000年頃から「アサコング」のペンネームで絵を描き始める。あざやかな色彩を自在に操り、独自の世界観を表現。作品は年齢や性別を問わず、幅広い層から親しまれる。2002年、玄光社・イラストレーション誌のコンペ「ザ・チョイス」入選(選者・阿部真理子氏)。2003年、イラストエージェントCWC主催「CHANCE展」入選。
 2006年、発声表現研究家・楠瀬誠志郎氏に師事。ボイストレーニングを始める。2009年より、楠瀬氏が率いる「響塾」に参加し、創作舞台「響舞」に出演。衣装デザインも担当する。
 また、2006年、旧友で作曲家・ギタリストのTAROとともにロックバンド「虹とライオン」を結成。歌と作詞を担当する。バンド名のとおり「麗しさ」と「猛々しさ」を音楽で表現すべく、オリジナルの「日本語ロック」を追求。2013年現在、麻子(vo.)、TARO(g.)、半ちゃん(g.)、工藤(b.)、Chang-woo(dr.)の5名で活動。
 2009年、彫刻家・田島享央己氏に師事。粘土彫刻、木彫など立体作品への取り組みを始める。 2010年、アーティストネームを「麻子」とする。その他、高校生を対象に「発想と表現」をテーマに授業を行うなど、ジャンルを問わず活動を展開している。
〇麻子ブログ「勇気とユーモア」http://asako393.blog105.fc2.com/

ページの先頭へ