HOME > 趣味・生活実用 > 暮らしの知恵 > 新聞で作るナチュラルエコバッグ

趣味・生活実用

暮らしの知恵

新聞で作るナチュラルエコバッグ

新聞で作るナチュラルエコバッグ
NATURAL ECO BAG MADE FROM NEWSPAPER
  • 通常販売
  • 白戸 啓子
  •  誰でも簡単に手作りが楽しめる、暮らしの中の小さなアート。

    「野菜の食卓」主宰・白戸啓子が提案する、季節の野菜と新聞エコバッグを楽しむ生活。

  • 定価 1,296 円(本体 1,200 円 + 税)
    B5変型 判/ 62ページ
    2012年12月24日 発行
    ISBN 978-4-426-11559-3
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

 新聞紙一枚は薄くはかないものですが、それを四枚、五枚と重ねて、一枚の厚い紙にした時には、強さを持った丈夫で独特の素材に変身します。日々の新聞から美しい風景写真やイラストの広告を活かしたり、時には紙面そのものをデザインとして生かして便利なエコバッグをつくりましょう。特別な道具もいらず、一時間程度で手作りの達成感を味わうことが出来ます。

この本を手に取ってくださった方に、ナチュラルエコバッグを通して、豊かな時間がもたらされることを願っています。(著者まえがきより抜粋)

著者紹介

白戸 啓子 (しらと けいこ)

 青森県出身。大学卒業後大手小売業に就職。自社ブランドの開発やショップマネジャーを経て、05年さいたま市で野菜のお料理教室「野菜の食卓」を立ち上げる。同年埼玉創業・ベンチャー支援センターいちおし「起」業プラン大賞特別賞受賞。08年よりNPO法人野菜と文化のフォーラム主催「野菜の学校」に運営スタッフとして参加。09年より「津軽つながりツーリズム」で故郷・津軽を紹介する活動を開始。津軽の伝統食やこだわり野菜を首都圏に紹介する活動に発展。同時に新聞で作ったエコバックで野菜のおすそ分けを提唱、啓蒙活動を開始。

ページの先頭へ