HOME > 社会・経済・人文 > 経済・ビジネス > 今ある在庫がみるみる売れる12の方法

社会・経済・人文

経済・ビジネス

今ある在庫がみるみる売れる12の方法

今ある在庫がみるみる売れる12の方法
  • 通常販売
  • 幸本 陽平
  • 新商品を開発するより
    今、目の前にある商品を売りたい人、必読!

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    四六 判/ 272ページ
    2015年07月03日 発行
    ISBN 978-4-426-11941-6
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
◆新商品を開発するより
今、目の前にある商品を売りたい人、必読!
すぐに役立つ“秘密の講義”始めます。
 
プレミアムビールの成功は「金曜日」に的を絞った広告戦略にあった!
コーンフレークの売場を「お菓子」から「○○」に変えただけで大ヒット! などの
身近な商品を実例に「『今ある商品を』大きく作り変えることなく『今のまま』売る」、
「大きな予算をかけない」「短期間で取り組める」ことを重視した具体的メソッドを
12回の講義形式で解説していきます。
 
マーケティング用語を使わずに、カンタンなことばで
事例を交えながら、わかりやすく説明していますので
受講生の一人になりきって、気軽にこの講義に参加してみてください。
 
 
「今ある在庫を売る12の方法」
方法1 売る相手を変える―対象を間違えていませんか?―
方法2 売る相手を絞り込む―「年代+性別」では絞れない―
方法3 専用品で差別化する―「私にぴったり!」と思われる―
方法4 用途を変えるー商品の使い道を見直す―
方法5 便益を売る―誰にどのような価値があるか―
方法6 課題を解決する―問題点を見つけて助けるー
方法7 マイナスを開示するー『弱み』を『強み』にするー
方法8 買わない理由を取り除くー買う『過程』と『心理』とは―
方法9 比較対象をつくる―比べることで選ばれるー
方法10 繰り返し買ってもらうー関係が続く『仕組み』をつくるー
方法11 隠れた困りごとを教えるー「実は○○○○だった」と知らせる―
方法12 新しい市場をつくる―『当たり前』を疑うー
 

著者紹介

幸本 陽平 (こうもと ようへい)
幸本陽平事務所代表、中小企業診断士。
新潟県生まれ。一橋大学商学部卒業。2002年日本ロレアル(株)入社。ラグジュアリ事業本部ランコム事業部マーケティング部に配属。
当時2桁成長を続けていたランコムで、当時は画期的だった高級化粧品ブランドのオンラインショッピング導入やメンバーシッププログラムの運営など、ダイレクトマーケティングを担当する。
2005年より(株)カネボウ化粧品および(株)ポーラ・オルビスホールディングスの子会社にて、百貨店向け化粧品ブランドのマーケティングを担当。英国・タイへの新規出店やスペインの高級化粧品ブランドの日本導入、経営企画などに携わる。
2010年幸本陽平事務所を広島市に設立。マーケティングを中心とした研修やセミナー、コンサルティングなどに取り組む。(財)ひろしま産業振興機構のチーム型支援では大企業のみならず中小企業のサポートにも尽力し、地元企業から好評を博している。
 
ページの先頭へ