HOME > 社会・経済・人文 > 株・FX・金 > 上がる優待株を買いなさい

社会・経済・人文

株・FX・金

上がる優待株を買いなさい

上がる優待株を買いなさい
  • 通常販売
  • SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト  藤本 誠之
  • 株主優待で生活する「桐谷さん」の影響もあり、個人投資家の間に「株主優待ブーム」が到来!
    しかし優待品をもらっても、それ以上に株価下落で大きく損する人が続出。
    優待選びは楽しくとも、それでは意味がない!

  • 定価 1,566 円(本体 1,450 円 + 税)
    四六 判/ 224ページ
    2015年06月17日 発行
    ISBN 978-4-426-11943-0
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   

●優待だけで選んではダメ! 値上がり益をしっかり取れる優待銘柄で儲けよう!
優待株の中には、特に外食・小売・食品などで、割引率や利回りの高い優待銘柄がいろいろあります。その優待ほしさに買いが集まり、業績の悪化や成長性が乏 しいのに、株価が高値のままでかなり割高な銘柄も多く見られます。言ってみれば「優待バブル状態」です。優待ほしさにそのような銘柄をつかむと、いずれ大 きく損をすることになりかねません。
そういった銘柄を選ばなくても、1200余の優待銘柄の中には、中長期で上昇が期待できる有望株がゴロゴロとあります。株式投資の目的はあくまで値上がり益です。優待は「良いおまけ」程度で、儲けたあとで付いてくるものと考えるべきです。

●自分にとって本当に欲しい優待かを考えよう!
ただやみくもにお得だからと、利回りの高い優待をゲットすることに夢中な人が多くいます。しかし、実際にはもらった優待をそのまま無駄にしているケースも 多いでしょう。本当に優待だけほしいのなら、金券ショップなどで買うこともできます。目的とコストを考えて判断すべきです。

●優待制度の仕組みと企業の思惑から考えよう!
企業が優待制度を始める主な理由は、宣伝広告のためと株主を増やし(株価を上げ)たいからです。例えば一部昇格など、その目的を達成してしまえば、急に優待制度を廃止することもあります。そうなると優待狙いが途絶え、株価が急落しやすくなります。
また、優待銘柄の中には、権利日を挟んで「優待狙い」の買いの動向が株価にはっきりと現れる銘柄もあります。これら2つのことを知っておけば、当然勝ちやすくなります。


■「相場の福の神」が教えるまっとうな優待投資の方法!
株主優待制度と企業のホンネを知り尽くした著者が、値上がり益とオトクな優待を両取りする方法を伝授。
株主優待の基本から株主の目を引く優待例、情報収集法、上がる優待銘柄の探し方、売買タイミングの基本、上手な管理方法など、「勝つための優待投資の方法」を実例を交えて紹介します。

●1200優待銘柄から中長期で上がる株を探す
●よい優待の見極め基準は目的とコスト
●優待情報の集め方
●半歩先読みで優待狙いを利用して儲ける
●成長&割安優待銘柄の選び方
●「パック買いでリスク分散」  等々
福の神特選 「優待銘柄」も収録!


これまで優待にばかり目がいって損をしてきた方、
優待は好きだけど、やっぱり損をせずきちんと儲けを出したい方、
これから株式投資をはじめる初心者の方にも、是非お読みいただきたいと思います。

著者紹介

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト  藤本 誠之 (ふじもと のぶゆき)

日興證券(現SMBC日興証券)入社後、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。日興ビーンズ証券の創業に参画。その後マネックス証券、カ ブドットコム証券などを経て、現職。日本証券アナリスト協会検定会員。ヤフーファインナンスの株価予想やコラムでも「相場の福の神」としておなじみ。 SBI証券のサイトやメルマガで情報発信の他、日経ラジオの番組出演、「FX攻略com」「日経マネー」日刊ゲンダイ「今週の爆騰株」などの連載や寄稿、 セミナーも多い。
著書に、「朝13分で、毎日1万円儲ける株」アスカ、「39 連勝が教えるこれからはじめる株入門」成美堂、「2015 年株式相場で儲けるにはこれだ! GNT48 株」アスカ、「ズバリわかる信用取引の始め方・勝ち方」成美堂など多数。

ページの先頭へ