HOME > 社会・経済・人文 > 資産運用 > 妻は最高の投資物件である。

社会・経済・人文

資産運用

妻は最高の投資物件である。

妻は最高の投資物件である。
  • 通常販売
  • 間川 清
  • 妻は3億円の資産と同じです。
    この価値を大事にしない人は、必ず失敗します。

    妻の大切さに気づき、幸せもお金も一緒に引き寄せましょう。

  • 定価 1,512 円(本体 1,400 円 + 税)
    四六 判/ 272ページ
    2015年03月20日 発行
    ISBN 978-4-426-11895-2
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
◆妻は3億円の資産と同じです。
この価値を大事にしない人は、必ず失敗します。
 
妻の大切さに気づき、幸せもお金も一緒に引き寄せましょう。
 
◇本書「まえがき」より抜粋
本書のタイトルは「妻は最高の投資物件である。」です。
妻という人間を「投資物件」というモノのような表現をしていることに、不愉快を感じる人がいるかもしれません。
しかし、私が本書で言いたいことは、決して「妻をモノのように扱え」ということではありません。
むしろ、それとは全く逆のことを知ってもらうために本書を執筆しました。
 
アベノミクスにより株高が進み、一見景気が上向いたかのように思えますが、一般サラリーマンの多くは、依然として生活に不安を覚えているのが現実です。
絶対安定と言われている大企業であっても、突然倒産の憂き目に遭うことがあります。
また、5年前10年前には、「まさかこの企業が……」と言われるような好業績をあげていた会社が、リストラや大規模な希望退職の募集を始めるなど、サラリーマンにとっては依然として不安な状況が続いています。
そんなサラリーマンの生活の不安を払拭するのが、あなたの隣にいる「妻」という身近な存在なのです。
それに気がついていないサラリーマンがあまりにも多いため、そこに1秒でも早く気がついて欲しい!!という思いから本書を執筆しました。
 
本書を通じ、一人でも多くのサラリーマンが「妻」の貴重さに気づき、素晴らしい人生を送ることができるよう祈っています。
 

著者紹介

間川 清 (まがわ きよし)
昭和53年生。埼玉県出身。弁護士。作家。三級ファイナンシャル・プランニング技能士。個人投資家。セントラル法律事務所所長。
弁護士として、離婚、相続、交通事故、労働問題、刑事事件など、町医者ならぬ町弁護士として市民に身近な様々な法律問題を多数担当する。
裁判員裁判の全国第2号事件を担当し、マスコミの密着取材を受け社会的に大きな注目を浴びる。妻は、現役検察官で裁判員裁判の全国第1号事件を担当。子供は、長女、次女、長男の3人。毎日保育園の送り迎えや、子供の入浴、寝かしつけなどを担当し、弁護士業務の傍らイクメンとしても活躍中。
弁護士業務の知識と経験を活かし、多数の著作執筆を行う。また謝罪術評論家として、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演する。
著作にナナ・コーポレート・コミュニケーション 「5つの基礎と6つの応用技でマスターできる うまい謝罪」、自由国民社 「そのかめはめ波は違法です!─ワクワクドキドキ大冒険しながら法律武装」、フォレスト出版「一年後に夢をかなえる読書術」、WAVE出版「気づかれずに相手を操る交渉の寝技」、法研「ダマされない技術」などがある。
 

目次

第1章 なぜ〝妻〟は最高の投資物件なのか
第2章 妻がいるからできるサバイバル術
第3章 こうすればあなたの妻がどんどん稼ぐ!
第4章 妻との信頼関係を再構築する方法
第5章 [モデルケース]妻の存在で大成功/大失敗している人々
ページの先頭へ