HOME > 訂正とお詫び > 『図解による民法のしくみ』訂正とお詫び

訂正とお詫び

『図解による民法のしくみ』訂正とお詫び

小社発行『図解による民法のしくみ』(2016年10月7日第8版発行)におきまして、下記の通り誤りがございます。誠に申し訳ございません。
訂正させていただきますとともに、読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。


●62頁

「第7章 留置権」の矢印の先

誤)用益物権

正)担保物権



●65頁 丸囲みの文「※占有権と本権」最後の行

誤)「勝手に所有者の承諾なしに」

正)「勝手に占有者の承諾なしに」



●210頁「親族7 実子②認知と準正」 左の段上から5行目

誤)この相続分の規定ついて、最高裁は、平成7年、高裁の違憲判断を覆し、法律婚の尊重を根拠に合憲判断をしましたが、今も活発な議論がなされています。


正)この相続分の規定について、最高裁は、平成7年、高裁の違憲判断を覆し、法律婚の尊重を根拠に合憲判断をしましたが、その後の平成25年最高裁判決では違憲判断をしています(244頁参照)。

ページの先頭へ