HOME > 訂正とお詫び > 『パーフェクト種牡馬辞典2016-2017』訂正とお詫び

訂正とお詫び

『パーフェクト種牡馬辞典2016-2017』訂正とお詫び

2018年新種牡馬にて
トゥザグローリーがリストより漏れておりました。
関係者の方には、大変ご迷惑をおかけいたしました。
心よりお詫び申し上げます。


トゥザグローリー To the Glory
●現役時代
3〜7歳時に中央で33戦8勝2着2回3着2回。日
経新春杯GⅡ、日経賞GⅡ、京都記念GⅡ、鳴尾記念
GⅢ、中日新聞杯GⅢ。デビューは3歳3月とやや遅め
ではあったが、新馬、500万と連勝すると、青葉賞2
着、ダービー7着とキャリア4戦で同世代と互角の力
を示した。秋冬はマイル路線からクラシックディスタ
ンスに目標を定めると、デムーロ騎手を背に中日新聞
杯で重賞初制覇。続く有馬記念ではウィリアムズ騎手
を背に好位3番手から勝ち馬ヴィクトワールピサと同
タイム3着と好走。明け4歳になっても続戦し、京都記
念、日経賞を連破。天皇賞春は1番人気に推されたが、
出来が良すぎたか、掛かり気味になってしまい、スタミ
ナが持たずに大敗。秋冬は天皇賞秋から有馬記念の
王道路線。有馬記念では勝ち馬オルフェーヴルとコン
マ1秒差3着と2年連続して好走した。その後も日経
新春杯、鳴尾記念を制し、トータルで重賞5勝。GⅠタ
イトルこそ手が届かなかったが、競走馬としてのポテ
ンシャルはGⅠクラスであった。
●血統背景
父キングカメハメハは中央で8戦7勝、日本ダービ
ー、NHKマイルC。産駒にドゥラメンテ(日本ダービー
GⅠ)ローズキングダム(ジャパンCGⅠ)ロードカナロア
(年度代表馬)ラブリーデイ(天皇賞秋GⅠ)。母トゥザ
ヴィクトリーは最優秀古牝馬。エリザベス女王杯GⅠ勝
ちのほか、ドバイワールドカップGⅠ2着。全弟にトゥザ
ワールド(弥生賞GⅡ)、全妹にトーセンビクトリー。
●産駒の特徴
500キロを超える雄大な馬格から繰り出すパワー
を武器に、好調時には歴史的な名馬とGI で微差の勝
負を繰り返した良血馬。初年度から多くの配合牝馬に
恵まれ、上々のスタートを切っている。産駒は、極端な
スプリンターこそ想像しづらいが、中、長距離で芝、ダ
ート問わず、オールマイティなカテゴリでの活躍が期
待される。父は名種牡馬。母は名牝。恵まれた馬格同
様、期待は大きい。(2015年種付頭数96頭)

 

ページの先頭へ