HOME > 法律実用・学習書 > 家と土地・不動産登記 > 不動産登記を見る・読むならこの1冊(第5版)

法律実用・学習書

家と土地・不動産登記

不動産登記を見る・読むならこの1冊(第5版)

はじめの一歩
不動産登記を見る・読むならこの1冊(第5版)
  • 通常販売
  • 司法書士  近藤 誠
  • トラブルになる、その前に!
    取引の前に絶対知っておきたい
    登記の読み解きかた

  • 定価 1,944 円(本体 1,800 円 + 税)
    A5 判/ 224ページ
    2018年03月23日 発行
    ISBN 978-4-426-12412-0
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
不動産の物理的・経済的状況を読み解くための解説書!
 
●登記事項証明書、登記事項要約書、閉鎖登記簿謄本、
公図など、登記関係書類の入手方法がわかる。
●登記の読み方の基本的なルールと
表題部、甲区、乙区といった各項目ごとの記載内容がわかる。
●78パターンの登記事項証明書などを掲載。
見るとき、読むときに注意すべき点がわかる
●むずかしい専門的な用語の解説コーナー付きなので
登記に馴染みのない初心者でもよくわかる。
 
登記事務のコンピュータ化やオンライン化後の最新情報に対応。 
 

著者紹介

司法書士  近藤 誠 (こんどう まこと)
1968年、東京都に生まれる。1992年、明治大学法学部法律学科卒業。2004年、一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務コース修士課程修了(経営法修士)。
一般企業勤務を経て、1996年、司法書士試験合格。1997年、司法書士登録、近藤誠司法書士事務所開業。2005年度と2006年度の法務省司法書士試験委員、日本司法書士会連合会の総合研究所で制度研究部会研究員を務める。
2017年、近藤誠司法書士事務所を司法書士法人アコードに法人化。著書に『新米司法
書士はるかの事件ファイル』『バーテンダー司法書士楓の事件ノート』、共著に『会
社を経営するならこの1冊』(いずれも自由国民社)等がある。
 

目次

序 章 登記は身近な存在
第1章 登記事項証明書の入手と読み方
第2章 表題部の読み方
第3章 甲区(所有権)の読み方
第4章 乙区(担保権)の読み方
第5章 乙区(利用権)の読み方
第6章 登記と取引のチェックポイント
【巻末資料】登記に関する資料
【巻末付録】自分で登記してみよう
ページの先頭へ