HOME > 法律実用・学習書 > 介護・福祉 > 身近な人が脳梗塞・脳出血になったときの介護と対策

法律実用・学習書

介護・福祉

身近な人が脳梗塞・脳出血になったときの介護と対策

身近な人が脳梗塞・脳出血になったときの介護と対策
  • 通常販売
  • 監修 /  鈩 裕和
  • 「いますぐやる」こと
    「知っておくべき」こと

  • 定価 1,620 円(本体 1,500 円 + 税)
    A5 判/ 192ページ
    2017年06月16日 発行
    ISBN 978-4-426-12260-7
  • *ご注意 発行年月日は奥付表記のものです。実際の発売日とは異なります。
  •   
治療、介護、サービス、保険…「いますぐやる」こと、「知っておくべき」こと。
 

著者紹介

監修 /  鈩 裕和 (たたら ひろかず)

島根県松江市出身。医療法人社団つくしんぼ会(東京都板橋区)理事長医師。外来診療から訪問医療介護、さらに在宅看取りまで連続したサービスを提供できる専門機関として「つくしんぼ会」を平成8年に設立した。

目次

第1章 脳卒中について知っておきたいこと
第2章 脳卒中の治療はこうして行われる
第3章 自宅に戻ってからの家族による介護
第4章 生活を再建するためのリハビリテーション
第5章 再発を防ぐための日常生活の送り方
第6章 介護保険やその他の公的サービスの利用法
ページの先頭へ